トップページ > 心理学コラム > Mr.マリック、そして、六甲のマジシャンの超能力は本物か?

  • mixiチェック

Mr.マリック、そして、六甲のマジシャンの超能力は本物か?

■2020/07/28 Mr.マリック、そして、六甲のマジシャンの超能力は本物か?

1980年代後半にミスターマリックがTV画面に現れ、その超魔術に驚かされました。
 
しかしその後、暴露本が出版され、すべてトリックであることが判明…したように思えた。
 
しかし、そうでもないのか…
 
実はミスターマリックに限らず、一流のマジシャンは、本当の超能力と手品を混ぜているのだという。
 
神戸の六甲でマジックカフェバーディーを経営しているバーディーさん(男性おそらく30代)が、そのことを明らかにするという集まりに参加。
 
バーディーさん自身もプロのマジシャンであり、同時に超能力者でもあるという。
 
体調により超能力を発揮しづらいときもあるようで、マジックと混ぜることでショーがやり易くなるらしい。
 
場所は京都の相国寺の一角。
 
余談ですが、相国寺は、金閣寺、銀閣寺を傘下にもつ大きな宗派で、コロナ前はその拝観料だけでも大変潤っていたそう。
 
そういうことで写真のような大伽藍がいくつもあるのですが、今回会場になった小さな庵も一枚100万円襖とか大変手が込んでいました。
 
写真撮影はできませんでしたが、その見事な造りに感動!!!
 
バーディーさんは子供の頃、ユリ・ゲラーのスプーン曲げを見て、自らもその能力を持ちたいと思ったという。
 
スプーンを観客の女性に持たせた状態で、スプーンがみごとにポロリと切断された…

特に強く「曲がれ~」と念じるのではなくて、曲がるのが当たり前だと自然に思えれば曲がるのだという。
 
さらに透視術では、相手の心の中にあるイメージを細かく読み取る。
 
今のマジックではそのくらいのことはできそうと思われるだろうが…

そして、今回のスプーンはバーティーさん自身が持参したものなので、私としては100%信じることはできないが…

それでも、今回の状況を総合的に判断して、バーディーさんの能力は本物である可能性が高いと判断。
 
私自身は、スプーン曲げとか透視とかいうことがマジックではなく超能力でできたとしてもそれほど驚かない。
 
モノが存在する、この世の中があるということ自体が奇跡なのだから。
 
私が超能力に興味をもつのは、自らのセラピーに生かしたいから。
 
人間の脳にはミラ―ニューロン(まだ仮説ではあるが)というものがあり、相手の心を読み取れる力は誰にでもあるのだと思う。
 
実際、私自身も多少だが、そういったことはできる…
 
それから、私のところに来て下さるクライアントの中には不思議な写真とかを持って来て見せてくれる人もいるので…
 
バーディーさんは気さくで表裏のないエンタティーナー。
 
六甲のお店に行けば、いろいろ見せてくれるというので、そのうち行こうか…
 
明治時代、東京帝大の福来博士の千里眼や念写の研究は当時の合理的な教育という流れの中でつぶされてしまったが、未知の人間の能力について、今後は理論物理学などからの根本的な解明が待たれるところ。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表