トップページ > 心理学コラム > 「血筋」 朝鮮族のアイデンティティ

  • mixiチェック

「血筋」 朝鮮族のアイデンティティ

■2020/08/31 「血筋」 朝鮮族のアイデンティティ

韓国、北朝鮮とは別に中国の東北三省にも朝鮮族が住んでいる。

中国人としてのアイデンティティと朝鮮民族としてアイデンティティをもつ家族。

祖父は文化大革命を経験。

父は韓国に出稼ぎ。

このドキュメンタリー映画の監督である20代の息子は、10歳の頃に母親と日本に来て日本国籍を取得して角田龍一を名乗る。

制作当初の予定では祖父母をドキュメンタリーのメインにするつもりだったが、途中から父親にフォーカスするようになったという。

日本にいる息子は撮影のために韓国で日雇い労働をする父親の家を訪問。

十数年ぶりの再会…

はじめは羽振りのよさそうな雰囲気をみせる父親だったが…

借金生活を続ける父親は「俺みたいには絶対なるな」と息子に言う。

愛と憎しみの入り交じった親子の感情…

かつて画家志望だった父親は、息子の姿を鉛筆で描くが…その後に破り捨てる…息子はその紙切れを張り合わせる…

上映の後に、リモートによるトークショーで息子である角田監督が登場。

「血筋という日本語はやや重いかんじになりますが、韓国語ではほどよいニュアンスの言葉。観て楽しんでもらえればという思いであくまでもエンタテーメントとして映画を作りました。特に民族的苦難とかいうメッセージ性のある作品ではありません。父親が自分の絵を描くシーンは、映画のストーリーを面白くするために、自分から強く父親に頼んだものです」とのこと。

そのような角田監督のスタンスがかえってこの映画を深いものにしているかんじがしました。


 



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表