トップページ > 心理学コラム > 江戸のキリシタン殉教者の遺跡を巡るツアー

  • mixiチェック

江戸のキリシタン殉教者の遺跡を巡るツアー

■2021/05/27 江戸のキリシタン殉教者の遺跡を巡るツアー

戦国時代から江戸初期のキリシタンへの迫害というと、九州の長崎や天草あたりの話と思っている人も多いと思いますが、当時東北地方までキリスト教の布教が進んでいたのです。

江戸初期の家光の時代には、江戸だけでもキリシタンをかくまった人も含めて1000人もの人々が処刑されています。

江戸殉教者の遺跡を巡る一日ツアーに参加。

近場ではあるものの、久しぶりの旅行です!!!

団長のデ・ルカ・レンゾ神父からいろいろ教えてもらいました。

アルゼンチン出身のレンゾ神父は大変気さくな人ですが、イエズス会日本管区長ということで二年前に教皇フランシスコが来日されていたときも通訳として、天皇陛下との謁見以外は教皇とほとんど行動を伴にしていた偉い人…

午前中は、新井白石と問答をしたというシドッティ神父が収容されていた文京区小日向の切支丹屋敷跡、さらにキリシタンの隠れ場であった庶民の町浅草にある浅草教会内の鳥越きりしたん殉教記念碑をバスで回り、雷門で昼食。

浅草教会の晴佐久神父は、「(コロナ禍の中)よく来られましたね。無鉄砲な人たち(笑)」といいつつも歓迎してくれました。

雷門界隈は土曜日なのでソコソコ人はいましたが、やはり静か…

午後はキリシタンが拷問を受けた日本橋の伝馬町牢屋敷(江戸最大の牢獄で時代劇にもでてくる)跡を観てから、当時の処刑場跡に行き、その近くにある高輪教会で解散でした。

処刑場跡とは札の辻(ふだのつじ、港区三田)と呼ばれる丘で、ここだけは長い階段があって公園のように整備されていました。

それ以外の遺跡は目立たないところに小さな石碑や説明書きがあるだけ…

当時の出来事は歴史の中に埋もれてしまっているかんじ…

宣教師たちは福音以外にも西洋の科学知識を日本に伝えたようで、江戸でソロバンが広まったのもその影響らしい。

江戸の知識人はみんなかくれキリシタンだったというような話も聞いたことがあります。

宣教の背景にはスペインやポルトガルの植民地政策があったらしいが…

ただ、そのことは信長も気が付いていて、そのうえで、日本の天下統一のために、弾薬の原料である硝石や鉛などを海外からの調達できるという利点があるということで、信長は宣教師たちを逆利用したという側面もあったことが考えられます。

このあたりのことは私自身、今後多角的に研究したいところです。
 




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表