トップページ > 心理学コラム > ジョージアの映画のタイトル「金の糸」は日本の「金継ぎ」から

  • mixiチェック

ジョージアの映画のタイトル「金の糸」は日本の「金継ぎ」から

■2022/06/02 ジョージアの映画のタイトル「金の糸」は日本の「金継ぎ」から

黒海の沿岸、ウクライナの近くのジョージアの映画。

タイトルの「金の糸」とは、日本の「金継ぎ」のこと。

壊れた陶器をつなぎ合わせる技である。


かつてソビエトの支配を受けていた動乱の時代があった。

女性監督ラナ・ゴゴべリゼの父親は、ジョージアの政治家だったが、スターリンの粛清によって処刑される。

ラナ同様に女性映画監督だった母親も10年間極寒のシベリア強制収容所へ…

そして、ラナは孤児院へ…

粉々に壊れたラナの心…


ラナ監督のトラウマは79歳で足の悪い主人公エレネに投影されている。

エレネは娘夫婦と集合住宅に同居しているが、娘の姑ミランダが認知症となり、引き取ることになる。


そのミランダは、元々ソビエト政権下のジョージアで高官を務めた女性だった。

当時ミランダの施策によって、エレネの小説も発禁にされた…

そして、エレナの60年前の恋人アルチルから電話が…

アルチルは女性闘士だったミランダに心ひかれていたという…

妙な三角関係!!!


集合住宅には、いろいろな人たちが住んでいて、かつての日本の長屋のよう…

ケンカもあるが、人情味のある暖かな会話が交わされる。


この映画の中では、ソビエト政権時でのトラウマ体験についての激しい描写はない。

日常の生活を淡々と描くのみ…


黒海沿岸は、紀元前のアレキサンダー大王の時代から民族の興亡が繰り返された場所。

抑圧されているネガティブエネルギーは大陸で生きる人々の遺伝子の中に刻印されているのか~~~

戦乱は今も続く…

ラナ監督は、映画の題名を「野の花」にするつもりだったが、日本の「金継ぎ」の技を知って、タイトルを「金の糸」にした。

個人の力では変えられない外的な環境の中、いかに「自分」を保って生きていくのか ?

日本文化を育んだ霊性にヒントがあるのかも…


 
 
 



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表