トップページ > 心理学コラム > 画家志望時代のアドルフ・ヒトラーが描いた聖母子像

  • mixiチェック

画家志望時代のアドルフ・ヒトラーが描いた聖母子像

■2022/08/18 画家志望時代のアドルフ・ヒトラーが描いた聖母子像

数年前に アドルフ・ヒトラーが描いたノイシュバンシュタイン城の絵画が5600万円で落札されて、話題となりました。

ただ、専門家に言わせると、あのヒトラーが描いた絵ということで高値がついただけで、絵そのもの価値はあまりないらしい。


ドイツ人らしい、キチッとした真面目な建物の絵を描いている…

ヒトラーは、政治家になっていなければ、建築会社でビルの完成図を描くような仕事とか、

看板絵描きの仕事をしながら平凡な人生を歩んでいたかも…、



建物や風景の絵ばかりと思いきや、

ヒトラーが描いた水彩画「聖母マリアと聖なる子イエス・キリスト」を発見!!!

絵そのものの価値は別としても、ヒトラーが宗教画を描いていたとは驚き~~~


どのようないきさつでこの絵が描かれたかは、分からないけれど…

絵は内面を映す鏡のようなものと考えることもできるわけであり…

ヒトラーの心の中も博愛の精神があったのか???


人間のパーソナリティは複雑で多面的なもの。

ヒットラーはよくチャップリンと比較される。

生年月日はヒトラーが1889年4月20日生まれで、チャップリンは同年同月16日生まれで4日しか違わない。


https://www.youtube.com/watch?v=DybbibGcJrE&ab_channel=%E4%B8%AD%E7%94%B0%E6%95%A6%E5%BD%A6%E3%81%AEYouTube%E5%A4%A7%E5%AD%A6-NAKATAUNIVERSITY

 
ヒトラーは画家としては行き詰まり、ナチ党に入党。

あるとき自らの演説が人々に強い感化を与えることに気が付き、

政治家としての才能に目覚めたことから、彼の人生は激変する。


チャップリンの「独裁者」のラストの演説も感化力がある…


ナチスの蛮行はヒトラー一人の問題ではない。

ドイツ国民が彼を熱狂的に支持したのは事実。

ドイツは、第一次世界大戦で敗戦国となり、多大な負債を背負わせられ国民は貧困に喘いだ。

そこに救世主のようにヒトラーが現れた…

 
我々日本人は四方を海に守られて安穏とした生活を営んできた…

縄文人は1万年間戦争をしなかったというが、地理的な条件から戦う必要はなかったのだろう。

我々日本人もいくつもの隣国に囲まれた大陸で生活していれば、どうなるのか…


ドイツ人はもともと、日本人に似ていて車作りがうまく、多くの哲学者を輩出した思慮深い知的な民族のはず…


別にヒトラーやナチスを支持するつもりは毛頭ないが…

私個人としては「歎異抄」第13条での親鸞の言葉が心に浮かぶ。

~わがこころのよくて殺さぬにはあらず、また害せじとおもふとも百人・千人を殺すこともあるべし~

自らの心が良いから人殺しをしないということではなく、(過去生からの悪い業縁があれば)殺すまいと思っていても百人、千人もの人を殺してしまうこともありうる…


 
このディズニーのキャラクターもヒトラーの絵だとされている!!!

人間の心は複雑怪奇~~~







◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
心理相談室セラペイア
http://www.therapeia.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都大田区中央4-11-9
TEL:03-3775-1225
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/EcRmWz
ameblo:http://goo.gl/ePF6b4
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  • スターピープル48号掲載記事
  • 川崎麻世さんとの対談
  • チベット紀行
  • FAPについての論文・学会発表